側弯症手術の危険性(失敗例も)

側弯症にかかわらず、大きな手術には危険性を伴います。
側弯症の手術についても、最悪下肢麻痺などの危険性が伴います。このページでは、手術失敗例も合わせて紹介しています。

側弯症の手術で考えられる危険性

側弯症の手術で考えられる危険性(合併症)は、軽度のものなら、術後痺れや痛みが残ったなどでしょう。
その他に、術後感染もあるでしょう。術後感染の場合は、高熱などに苦しむことになり、回復も大きく遅れることになります。

そして、側弯症の手術での最も怖い後遺症は、神経麻痺でしょう。
以前調べた、側彎症学会発行の「側弯症治療の最前線-基礎編」・「側弯症治療の最前線-手術編」によると。

18歳以下の手術の場合で、何らかの神経合併症は、1.0%の確率で発生しているようです。不全麻痺は0.5%、完全麻痺は0.09%などの確率のようです。
なお、そのうち不全は7割近くが、完全麻痺でも39%の人は、症状が回復しているようです。
つまり、麻痺の改善が一切見られなかったのは、0.03%しか無いようです。

手術失敗例

側弯症の手術での、失敗例(医療事故)に関する詳細な文献は、ほとんど出てきません。(海外サイトで数件ぐらい) まぁ、失敗してしまった医者も、積極的に論文などに書くとは思いません。と言うことで失敗例を書いておきます。

はい、私自身が側弯症の手術で医療事故に遭いました。下肢の運動神経の完全麻痺の障害が残りました。
麻痺の症状は改善しませんでした。温痛覚も感じません。残存症状が、触覚のみあることから、脊髄梗塞が疑われていますが、当時の担当医からは確定診断は受けていません。(正確な原因は医師にも不明な模様。隠蔽していなければ)

上記で紹介したとおり、麻痺の改善も見られない症状は、0.03%程度とさらに確定診断も出していないと言うことで、医師に不信感がわくのは事実です。

また、術後感染(院内感染)にもあっており、結局感染を抑えることが出来ずに、手術から数週間後に、固定したはずの金属を抜いてしまいました。
手術では、自家骨も使用していましたが、結果的には金属も抜いてしまって、車椅子生活の後遺症が残ったと言うことで、はい。これが失敗例でしょう。

なお、病院からは補償などは一切ありませんでした。

終わりに

どんな手術でも、100%成功するとは限りません。しかしながら、特に若年での側弯症の手術の場合は、かなり安全だと考えられます。
とは言っても、不運なことに0.03%に含まれてしまったにもかかわらず、病院からの補償も無く、車椅子生活になってしまった原因も確定的には分からず、当時高校生の一人の人生を壊してしまった事例もあることを、インターネット上に残しておきます。

また、このページを読んでると言う方の中には、これから手術を受ける予定という方も居るかもしれません。
そんな人に、ぜひお教えしたいのは、手術について疑問点や不安点があったら迷わず主治医に聞くこと。そして、リスクなど納得するまで説明受けることです。
手術の同意書にも、自分のような合併症の危険性(院内感染や神経麻痺の可能性)も書かれていることでしょう。

そして、出来ることなら長年診てもらっている信頼できる主治医であっても、セカンドオピニオンを受けて、場合によっては手術を受ける病院を、設備が整った大きな病院に変えることも必要でしょう。

医療事故から10年経った心境は
ブログ記事「あの日から10年が経ちました <医療事故被害者の気持ち>」に書いています。

記事冒頭で紹介した、側彎症学会発行の「側弯症治療の最前線」は、ブログにても紹介します。
ブログ記事「自分の病気のことは自分で調べよう。[図書館編]」。

English

To everyone in the English-speaking world.
I am Japanese.

In 2006, I underwent surgery for scoliosis, but due to medical accident, it became permanent nerve paralysis.
Currently, it is wheelchair life. There was no compensation from the hospital.

This sentence is translated by Google translation.

公開日:2017年3月26日
更新日:2018年5月12日

スポンサーリンク