飲食店のバリアフリー情報は、食べログで調べよう

脊髄損傷・車椅子

車椅子ユーザーの皆さんは、レストランに行ったら、階段や段差があったので入店を諦めてしまった。と言う経験をした人も多いでしょう。
でも、事前にバリアフリー情報を詳細に調べる方法があるのです。

そうです、「食べログ」を使うのです。

食べログは写真が豊富に掲載

食べログは、食事のレビューサイトとして有名ですが、同時に写真も多く投稿されています。
その写真の中には、建物の外観や内観の写真が投稿されています。

そうです、外観の写真を見れば、出入口の段差の有無やスロープの位置なども確認できます。

内観の写真を見えば、通路の幅や、カウンター席なのかテーブル席なのか、椅子は動かせそうなのかまで、事前に確認できてしまいます。

外観の写真は、特にGoogleマップのストリートビューには写らない、公道に面していない場所や建物内のテナント店の場合において、特に有効的に活用できます。

食べログは、国内でも有名サイトですので、大手チェーン店から少しマイナーな店まで、多くの店で写真が投稿されています。

写真を投稿している方は、特にバリアフリーとか意識せずにアップしているはずですが、外観や内観の写真は車椅子ユーザーには大いに活用できます。

さすがに、トイレの写真まではあまり投稿されていませんが、店内のトイレが使えなくても、まぁ代替が効きますから良いでしょう。

写真を見る手順

ここでは、参考例としてチェーン店の都内のマクドナルドを検索してみました。

①調べたい店舗を開きます

食べログ1

②写真から「外観」もしくは「内観」を選択します。(その他の写真も参考になる場合もあります)

食べログ2

③写真を開いたら、投稿された写真から現地の様子を確認できます。(クリックで拡大も可能です)

食べログ3

ちなみに

ちなみに、同じようなグルメサイトと言えば、「ぐるなび」では、車椅子で入店可と言った文字情報のみバリアフリー情報が載ってる場合があります。

とは言っても、ぐるなびは実際はバリアフリーになっている店でも入店可と表示されていない場合もあり、文字情報だけでは少し不十分な場合もありますので、今回紹介した食べログを活用することで、バリアフリーな飲食店探しが出来ます。