指定難病受給者証でも割引になるサービス・施設

難病

障害者手帳提示によるサービスや施設の割引は多く存在していますが、最近では指定難病受給者証(特定疾患)でも割引や減免などを行っている所もあります。
この記事では、手帳を持っていない難病患者でも使える割引サービスを紹介したいと思います。主に関東圏の紹介となります。

スポンサーリンク

携帯電話

ドコモ・au・ソフトバンク・UQモバイルでは、障害者・難病患者向けに割引プランがあります。

ドコモ(ハーティ割引
au(スマイルハート割引
ソフトバンク(ハートフレンド割引
UQモバイル(ハート割

パルシステム

割引実施の有無や割引額は地域によって異なるようです。手数料が半額や無料になる地域があるようです。
ホームページの案内では、東京(マル都)・埼玉・山梨・新潟で実施
パルシステムHP

東京都

サンシャインシティ

サンシャインシティ内の各施設にて割引があります。
サンシャインシティHP

サンシャイン水族館 大人2200円→1100円
サンシャイン60展望台 大人1200円→600円
プラネタリウム満天 大人1500円→750円
古代オリエント博物館 大人600円→300円

国立科学博物館

入館料が無料になります。(特別展も基本的には無料になります)
アクセス利用案内

アミューズミュージアム

一般1080円→540円 ただし2019年3月末で閉館予定
施設概要

台東区下町風俗資料館

一般300円が無料になります。(利用案内

台東区書道博物館

一般500円が無料になります。(利用案内

港区立の駐車場・駐輪場

駐車場は2時間まで免除。駐輪場は一時利用金の免除。
港区立品川駅港南口公共駐車場
港区立麻布十番公共駐車場
港区立自転車等駐車場

杉並区営自転車駐輪場

杉並区内の自転車駐輪場にて免除制度があります。(杉並区HP案内

埼玉県

埼玉県立の各施設
近代美術館・ 所沢航空発祥記念館・さいたま水族館などの埼玉県運営の各施設で免除や減免があります。(主に本人のみ対象)
埼玉県ホームページ案内

神奈川県

日本郵船歴史博物館・氷川丸

入館料が無料になります。(ご利用案内

江ノ島

江の島シーキャンドル(展望灯台)、エスカーは半額に。江の島サムエル・コッキング苑は無料。
公式HP 下部)

こどもの国

小児慢性特定疾患のみ、本人と付添い半額 (料金案内

茨城県

茨城県立の各施設

アクアワールド大洗水族館・つくば美術館・大洗マリンタワーなどの茨城県運営の各施設で免除や減免があります
茨城県による案内(PDF)

ひたちなか海浜鉄道

普通乗車券・回数券・定期券。本人のみ半額 (福祉運賃PDF

関東以外の地域で主な割引

関東以外の地区で行われている目立つ割引をいくつか紹介します。

えちぜん鉄道・福井鉄道

普通乗車券。回数券。本人のみ半額(案内PDF

鳥取県

県立博物館などで障害者手帳と同等の減免を行っています。(鳥取県HP

名古屋地区

名古屋城東山動物園名古屋市美術館名古屋市科学館などで割引や減免を行っています。

大丸ミュージアム

観覧料無料。公式HP内の障害者手帳をお持ちのお客さま参照(公式HP

まとめ

今回紹介した割引内容は、2019年3月現在のものです。

自治体による割引内容は地域によって差があるのが特徴です。埼玉県や茨城県が運営する施設では割引を行っているのに対して。
東京都は、例えば上野動物園HPでは「※各種受給者証の提示では入園料無料となりませんのでご注意ください」と難病患者は対象外と言うことがはっきりと書かれています。(参照:入園料案内

2013年より障害者総合支援法に難病患者も含まれるようになり、法律的にも障害福祉サービス等の対象に含まれるようになっています。
民間はともかく公的な機関ではさらに減免などを拡大する必要がありそうです。

なお、この記事では各施設の公式ホームページ上で難病患者向けに割引を行ってると明確に明記されている施設を載せています。
ちなみに他のサイトなどでは、今回紹介した施設以外でも難病患者向けに割引を行ってる情報も多数ありましたが、当該施設ホームページを見たところ障害者手帳による割引の情報しか載せていませんでしたので、それらの施設の掲載はしていません。

スポンサーリンク