無線LANルーター BUFFALO「WXR-1900DHP2」を購入してみた

レビュー

今回、無線LANルーター BUFFALO「WXR-1900DHP2」を購入してみました.理由は以前購入した、NECのWG1200HSが使い物にならないからです。

WXR-1900DHP2

NEC WG1200HSは今年2月に購入して、ブログでも紹介しましたが、実は購入当初から少し不満に思っていたことがあるのです。

・5Gz帯の通信が不安定。親機の目の前では問題ありませんが、少しでも離れると、通信がパケ詰まりのような症状になることがある。(スマホのWi-Fiマークは3本フルで立っていても)
・こっちが最大の問題。突然、親機の電源が落ちて再起動が掛かる事がある。スマホ類は、LTE回線に切り替わるので、支障は少ないですが有線で繋がってるPCの通信は数分途切れてしまうので困りました。

とりあえず、半年は我慢できましたが、8月上旬に来た最新ファームウェアでも上記の症状は改善されず、ネット上でも同様の書き込みが見られて(兄弟機のWG1200HPも同様に)、今回は見捨てて、BUFFALOの機種に切り替えたわけです。

WG1200HSは5千円程度の安物でしたが、WXR-1900DHP2は1万円を超える、ハイエンド機に分類される機種。
こちらは、さすがに安定していて上記のような問題は全て解決されました。パケ詰まりのような症状も無くなり、通信速度も1~2割ほどアップしています。
やっぱり、安物の機種にはそれなりの理由があったわけですね。