車椅子優先エレベーターなのに、優先されること ほぼ無い件

脊髄損傷・車椅子

少し前になるが先月の毎日新聞の報道によると、国土交通省の方針で、駅や空港などの旅客施設に「障害者や高齢者が優先利用」出来るように、エレベーターに「優先マーク」の設置を義務化するとの報道があった。

https://mainichi.jp/articles/20170322/k00/00m/040/154000c
エレベーターを障害者優先 マーク設置義務化へ(毎日新聞)

今月初め頃にベビーカーママが優先エレベーターの利用についての発言でネット上では炎上気味になっていたが、車椅子の自分でさえ優先されることは少ないです。

現状では「優先マーク」は、ほぼ意味が無い

正直、「優先マーク」の表示は効果があるかと言われると、かなり微妙なところです。
現在でも、ショッピングモールなどの商業施設を中心に「優先マーク」が書かれた、いわゆる優先エレベーターは各地に多数存在している。

優先エレベーターの例-1 

優先エレベーターは、施設にもよるが写真のような大きく目立つ表記で、車椅子やベビーカー、高齢者などは優先と表示されている。(場所によっては、英語などでも表記されている)
一つの箇所に複数台のエレベーターがある場合、1台だけ優先となっている場合が多い。

でも、実際このような優先エレベーターで、車椅子の自分を一般利用者が自発的に優先してくれることは、ほぼ無縁と言っても良い。

混雑時などに、エレベーター付近に店員などの誘導員がいる場合があるが、そのような場面では優先エレベーターに店員が積極的に誘導してくれることはあります。
しかし、誘導する店員もいない場合は一般の方が、譲るなどの行動をすることはほとんど無いです。

特に途中階から、エレベーターを利用したい場合。他の階から満員状態で到着するエレベーターが(優先EV含めて)何度も続くと、流石に嫌になります。
しかも、そのような状態でも優先エレベーター含めて、譲ってくることは、ほとんどありません。
(エレベーターのかご内にも優先表記はあるので、優先エレベーターだと知らなかったは、言い訳にはなりません)

ちなみに、最上階や最下階から乗る場合は、仮にいくら混雑していても、並んで待てばいつかは乗れますからね。特に問題となるのは、途中階の場合です。

優先エレベーターに乗ってる一般の方は、「次待てば良いじゃん」と思うのかもしれませんが、混雑時は満員の状態が続く場合もありますし、途中階からは、人がひとり・ふたりぐらいのスペースはあっても、車椅子1台乗るには、ある程度のスペースが必要です。

中には満員状態で到着した優先EVで、車椅子の自分を見た瞬間、慌てて扉を閉めてしまう人も存在するぐらいですから。

途中階からでも車椅子でもスムーズに乗るために、優先エレベーターが存在しているわけで。
まぁ、健康の方で優先エレベーターを利用するときは、「これ、優先エレベーターだな」と思いながら利用して欲しいです。
車椅子などの優先対象者がいないときは、自由に普通に使ってもらって良いので。

ちなみに、どうしても混雑で(優先EV含めて)エレベーターに乗ることが難しい場合は自分から直接、エレベーター内の利用客に声を掛けても良いですが、トラブルの元になる場合もあるので、店員などを経由して声かけをしてもらうしか無いでしょう。

一旦、目的階と逆の空いてるエレベーターに乗る技もありますが、これも上下方向どちらも混雑している時は使えない場合もあります。

駅のエレベーターは

冒頭でも書きましたが、国交省の方針で、駅のエレベーターに「優先マーク」設置義務化との報道があった。
とは言っても、前述の通り商業施設では、あんなに目立つ優先表示があっても、その効果はほぼありません。

しかも、既にJRや私鉄・地下鉄などの多くの駅で商業施設ほどは目立たない表示ですが、「車椅子や高齢者・ベビーカーに優先してね」との表示は行われています。

駅での優先表示の一例(東京メトロ)
駅での優先表示の一例(東京メトロ)

さらに、駅のエレベーターの場合には、一部の駅を除き基本的には商業施設のような途中階が存在しません。
改札~ホームや改札~出口の移動のみなので、仮に混雑していても、列に並べばエレベーター自体には乗れるので、商業施設みたいな途中階からなかなか乗ることが出来ないような事態になることは、駅では基本的にはありません。

とは言っても、健康そうな人で行列になっていると、正直少し嫌になりますが。(数十m先に、エスカレーターあるのに・・と思ったり)

一部では専用エレベーターも

専用エレベーターの例
専用エレベーターの例

優先エレベーターだけでは、意味が無いと商業施設側も分かってるようで、一部の百貨店などでは、「車椅子・ベビーカー等専用エレベーター」も存在しています。優先ではなく専用ですよ。
エレベーター内に、誘導員(エレベーターガールなど)が乗っていて、対象者以外は乗せない仕組みです。
ここまでしないと駄目な世の中って・・・

終わりに

国交省も「優先マーク」には意味ないという意見は拾い上げて欲しいです。
駅のエレベーターについては、特に大きなターミナル駅については、いわゆる2ルート目などエレベーターの数を増やせば、エレベーターの混雑緩和に繋がるでしょう。

スポンサーリンク