車椅子で、ディズニーシーに行ったよ

2017/07/21お出かけ

ディズニーシー(表題)
ディズニーシー(表題)

昨日、ディズニーシーに行ってきました。

健常者の時にディズニーランドには何度か行っていますが、車椅子生活になってからディズニーに行くのは今回が初めてです。ちなみにシーは今回初でした。

入園料は、母が貯めていた何かのポイントでパスポートに交換したので家族分タダで行ってこれましたよ~。

ちなみに、今回は首都高で私の運転で行ったんですが小菅ジャンクションの辺りが初見には難易度高すぎたと思ったのは私だけでしょうか? 川口JCT方面から来て葛西方面に向かおうと思ったら急に2車線ぐらい車線変更しなければ行けなくなるとは・・・

まぁ、何とかディズニーシーに到着。料金所で「車椅子です」というと専用スペースまで案内してくれました。

車椅子利用者は「ゲストアシスタントカード」がおすすめ

ゲストアシスタントカード
ゲストアシスタントカード

事前に検索していましたが、車椅子向けに「ゲストアシスタントカード」という物がある。

入園直後にある窓口でゲストアシスタントカードを入手。このカードは、アトラクションで時刻を記入してもらうことで列に並ぶ必要が無いものです。そのため待ち時間に他のことが出来ると言うことです。

車椅子のままでも、乗れるアトラクションも

数は限られますが、いくつか車椅子のまま乗れるアトラクションがあります。この記事では、ディズニーシーの物を紹介しています。

ジャスミンのフライングカーペット(スロープ)
ジャスミンのフライングカーペット(スロープ)
ジャスミンのフライングカーペット(上空から)
ジャスミンのフライングカーペット(上空から)

まずは、ジャスミンのフライングカーペットに乗りました。小型の車椅子なら私物の車椅子でもそのまま乗車が可能です。これが、意外にも上下移動が激しい、結構恐怖感を味わえます。

シンドバッド・ストーリーブック・ヴォヤッジ(スロープ板)
シンドバッド・ストーリーブック・ヴォヤッジ(スロープ板)
シンドバッド・ストーリーブック・ヴォヤッジ(内部)
シンドバッド・ストーリーブック・ヴォヤッジ(内部)

その後、近くにあった シンドバッド・ストーリーブック・ヴォヤッジに乗りました。こちらは、専用の車椅子に乗り換える必要があります。車椅子対応ボートは1台?だけみたいなので若干待たされますけど、楽しかったですよ。

そして、この後家族達は絶叫系の乗り物に乗りに行ったのですが、待っている間に近くに悪者系のキャラクターが居て近寄ったら、写真撮ろう見たいな合図をされたので記念撮影。今調べたらジャファーという奴らしい。

その後、家族と合流。キャラバンカルーセルに乗ったのかな。こちらもスロープがあって私物の車椅子で乗車可能でした。

トイ・ストーリー・マニア(車椅子)
トイ・ストーリー・マニア(車椅子)

その後、新アトラクションのトイ・ストーリー・マニア!に乗りましたよ。私物の車椅子のまま乗れますけど、回転が激しい~ シューティングの銃は、車椅子席だけ通常の紐を引っ張る物以外に押しボタンにも対応。握力が弱い方にも配慮されていたようでした。ちなみに点数は11万点台だったのですがこれがすごいのか駄目なのかは不明。

そして、どのアトラクションも非常時には同伴者の介助で避難してもらいますと、しつこく言われましたが昨年に震災もありましたしそれは仕方ないのかな~と思ったり。

ハロウィン

夜のショー

 

 

このほかには、各種のショーを見ました。車椅子専用エリアがあって、今回の場合は平日だったこともあり15分ぐらい前までに行けば最前列を確保できました。

車椅子でも、ディズニーは楽しめます

長々しい記事になりましたが今回は、車椅子でも十分楽しむことが出来ましたよ。車椅子のまま乗れるアトラクションがさらに増えればいいと思いますけどね。
もちろん、ショーなども優先エリアがあるのでばっちり楽しめます。

少し坂や石畳が多いのは問題か? 今回は妹さんに頑張って押してもらったから良いけど・・

スポンサーリンク