「青い鳥郵便葉書」をもらってみた 2017年版

日記

今回、「青い鳥郵便はがき」を6年ぶりぐらいに、久しぶりに貰ったので記事にしたいと思います。

青い鳥郵便葉書とは

青い鳥郵便葉書とは、身体障害者1・2級、療育手帳A又は1・2度の重度障害者向けに、無償で配布されている郵便葉書です。
1976年に、当時の身障者福祉強調運動に合わせて始まったそうです。

青い鳥郵便葉書は、郵便局HPぐらいでしか案内されていないので知らない人も居るでしょう。

青い鳥郵便葉書
青い鳥郵便葉書

「青い鳥」と言っても、貰える葉書は普通の官製葉書(62円)です。(通常タイプ、インクジェット、くぼみ、などから選べます)
年に1回。ひとり20枚の配布となっています。

ちなみに昔は葉書自体も、青い鳥のオリジナルのデザインだったそうです。
現在は、葉書と一緒に渡さられる封筒に、青い鳥と思われるデザインが描かれています。

同封の案内(青い鳥郵便葉書)
同封の案内(青い鳥郵便葉書)

青い鳥郵便の趣旨が説明された紙も同封されています。

このネット社会となった今、郵便葉書を使う機会は少ないですが、もらえる物は有り難く頂きましょうという事で。

なお、今月から郵便料金の値上げ(はがき52円→62円)がありましたが、62円の新しい葉書が貰えますのでちょうど良いです。

申請方法は

受付期間は、毎年4月~5月頃となっています。
今年は、郵便料金の値上げがあったため、若干時期がずれています。

2017年度の申請期間は、4月3日(月)~7月11日(火)となっています。

2017年度の申請期間は残り僅かとなっています。葉書を希望の方は、お早めに申請してください。
申請方法は、郵便局窓口または郵送で申請となっています。窓口に行かれる際は、手帳を忘れずに。

2017年の場合は4月~5月中に申込んだ方は、6月から郵送にて投函されていると思います。

郵便局ホームページによれば、6月1日以降に居住地の配達担当局で、申し込んだ場合に限り、その場で貰うことが出来ると書かれていますが、今回その場では貰えずに後日郵送にて届きました。
(6月半ば頃に申し込んで、届くまで2週間ほどかかりました。通信事務郵便で届きます。)

青い鳥 通信事務郵便

※申請期間の日付は、毎年変わるのでご注意ください。記載の内容は2017年版となっています。

スポンサーリンク