各地で障害者手帳カード化へ 東京・神奈川など

障害者手帳

2019年4月より障害者手帳のカード化が解禁されました。

手帳のカード化は運転免許証などと同じサイズで耐久性もあるので従来の手帳より利便性があがります。カード化が解禁された以降、特に目立った動きは見られませんでしたが、自治体の予算が付いたことにより2020年(令和2年)より各地でカード化の動きがあるようです。

障害者手帳のカード化

障害者手帳のカード化については、厚生労働省のホームページに資料が載ってます。カード化のイメージ図もあります。
※PDFファイルです
https://www.mhlw.go.jp/content/12601000/000371142.pdf

カード化する自治体

現時点(2020年2月14日現在)で判明している、障害者手帳のカード化を実施する自治体です。各地の令和2年度の予算案に書かれています。

東京都

東京都の令和2年度予算にカード化の予算が計上されています。

予算案(38ページ)PDFファイル
https://www.zaimu.metro.tokyo.lg.jp/syukei1/zaisei/20200124_reiwa2nendo_tokyotoyosanangaiyou/2yosanangaiyou.pdf

神奈川県

神奈川県の令和2年度予算にカード化の予算が計上されています。

2ページ⑪ PDFファイル
https://www.pref.kanagawa.jp/docs/v6g/cnt/f4873/documents/2toukisyahappyou_huzoku_hukuko.pdf

横浜市

横浜市でもカード化。実際のカード化は令和3年になる模様。政令指定都市では市が手帳の発行をしています。

19ページ PDFファイル
https://www.city.yokohama.lg.jp/city-info/koho-kocho/press/kenko/2019/r2yosangaiyou.files/0001_20200203.pdf

佐賀県

こちらは、佐賀県の地元紙報道ですがカード化に関する予算が計上されています。

佐賀新聞
https://www.saga-s.co.jp/articles/-/488050

今後に期待

人口が多い東京都がカード化を決めたことから、今後も各自治体でカード化の動きが期待できそうです。
各地の令和2年度の予算案はこれから2~3月にかけて判明していくので、このほかの自治体でもカード化計画が明らかになるかもしれません。もしも新たに判明したら追記したいと思います。

スポンサーリンク